愛に報いて

製造業で技術職をしています。筋トレと音楽が趣味です。

社会人になってから友達が作れなくなった

いつも自分のことを独居老人だとツイッターでネタにしている僕ですが、高校や大学の頃は結構よく友達と遊んでいました。高校生のころは学校終わりに途中で寄り道をすることが多かったし、大学のころも特に意味もなく同期とダベッたりしていました。

 

就職と同時に住み慣れた関西地域を離れて全然違う土地に今は住んでいるわけですが、これまでと違って中々友達が作れなくなったなと感じています。これは社会人らしい人付き合いと自分が心底楽しめる人付き合いが違うからと思っています。

 

僕が高校や大学でつるんでいた友人は、スケジュール管理できない奴・朝起きれない奴・気分のアップダウンが激しい奴・すぐ体調崩す奴 etc.みたいな感じで、集まって何かするにしても計画的にやるのは無理で、突発的に何か思い立って来れる人が集まるみたいな感じが殆どでした。

所属していた学校もそういう人達を認める校風だったこともあり、これらを特に疑問に思うこともなく過ごせてきたわけです。

 

ところが社会に出てみるとそういう人付き合いよりもむしろ

「〇月〇日にこういうイベントやります、時間通り来てください」

みたいなのが多くて、そういうのは若干しんどいなぁと感じてしまいます。

 

僕は基本的にスケジュール管理が苦手なので、一度こういう予定が入ると「〇月〇日に別の予定は入れてはいけない」という思考がずっと脳内を支配してどんどん消耗していってしまうわけです。

 

仕事だとツールを駆使してスケジュール管理をするのでこういうことにはならないですが、プライベートの予定はスマホのメモ帳レベルでしか管理していないのでこんなことになってます。

 

というわけで、ここ最近は週末は何も予定を入れないを続けております。

これはこれで心が落ち着いて良いですよ。

 

おわり

 

新入社員研修が楽しめなかった

私が新卒で入社した会社はいわゆる伝統的な日本企業でした。皆さんがインターネット伝てでご存知の通り、伝統的な日本企業に入社すると最初に新入社員研修が行われます

会社の事業を一つ一つ説明する研修もあるのですが、そこは今回の話ではあまり重要ではないです。ただ知識を入れていくだけですから。

 

今回話したいのは、外部講師を招いて「社会人のなんたるか」を語ってくれるアレです。悪名高きマナー講師とかいうのが出てくる研修もありますね。

 

経験したことがある人は知ってると思いますが、この手の講師の研修は、

1. 無理難題を新入社員に課す

2. 失敗させる

3. 「失敗したのは社会人としての自覚がないからだ」と叱責する

4. 成功させる

5. 社会人として一歩成長したという結論にいたる

という流れで進みます。簡単に言えば茶番です。

 

高度な専門教育を受けて来た大学院卒の人間にとっては今までの状況と変化が激しすぎて戸惑うでしょうが、皆さん案外これを楽しんでいるようです。

 

「新卒退職本3」で名も無きウニ氏はこの状態を「社会に出たら中学生に戻れた」から楽しかったのだと説明していました。

なるほどなぁと思いました。確かに講義を一斉に受けたり休み時間にガヤガヤしていたり皆揃って怒られたりするあの感じは中学生ですね。

 

新卒退職本3

新卒退職本3

 

 

私は楽しめませんでした。同期と波長が全く合わず、中学生モードに入れなかったからです。

 

就職活動のときに、学歴と健常者擬態を用いてそこそこの大企業に入ってしまったが故、会社にいる周りの人間は明るい人生を通って来た人ばかりでした。

根っからのnerdだった僕は完全に居場所が無く、研修の空いた時間には課題をやるかツイッターを眺める以外何もできませんでした。昔本当の中学生だった時は、男子校だったこともありnerdにも居場所は沢山ありました。しかし私が最初に入った社会はそういう場所ではなかったようです。

ちなみにウェイウェイ系の会社ではないです。多分平均的なウェイ度だと思います。

 

新入社員研修の価値は「同期とネットワークを作れる」点にあるとよく言われます。その点で考えれば、私には何一つ得るものがありませんでした。一方で自分が今まで所属してこなかった非ヲタクの社会性をまぁまぁ見れたので勉強にはなりましたし、配属後の心の構え方が出来て何とか辞めずに今のところ踏ん張ってます。

 

というわけで、入る会社ミスった皆さんも職歴が傷つかないラインまで生き残りましょう。オチは無いです。

 

おわり

聞きかじりの知識をぶつけるのは危険

筋トレを趣味にしていることを話すとよく聞かれるのが

 

「炭水化物とらないんでしょ?」

 

ってやつです。

 

どこから仕入れた情報なのかは分からないですが、筋トレをする人は炭水化物を嫌うというガセが出回ってるみたいですね。

事実はむしろ逆で炭水化物はダイエット中ですら積極的に摂ってます。理由は筋力を強くするためです。

 

この話は一例で、ほかにも

「ささみしか食べないんでしょ?」とか

「鏡見るのすきなんでしょ?」とか

「ドMかよ」とか

うっとうしい絡みされることはありますね。

 

これら不快な発言に共通していることとしては、人が情熱をもってやってることに聞きかじったようなことをぶつけている点ですね。

筋トレは特にこれをやられる気もしますが、別の趣味でもありえるかもしれません。というわけで僕自身は人の趣味に生半可な知識で知ったような口ぶりをしないようにしています。

 

上記の件に関しては趣味なのでまだいいのですが、仕事関係でこれやったらヤバイことになりそうです。適当なこと言ったら専門家に詰められるやつ、聞いたことあるいは経験したことある人多いと思います。

 

他の職種や専門分野の人と話すときは「教えてもらう」というスタンスを過剰にやるくらいでもしかしたら丁度いいのかもしれませんね。

イラっときたらビジネスどころじゃなくなる人もいるようなので。

 

おわり

ラボ畜が終ったら社畜だぞお前ら

過去の回想ついでにつらつらと。

今の時期修士2年生は修論の追い込みをしていて苦しい時期だと思います。また修士1年生は研究を進めつつ就活準備もしなければいけないということで追い詰められている感じですかね。

 

修士取って就職する人の中には「こんなつらい生活が終わったら次は会社員生活なのか…」と絶望している方もいることでしょう。私もそうでしたので。

 

でもなんだかんだ会社員は大学院生活に比べればやはり楽勝です。僕のツイッターを見ているひとは「いやお前結構愚痴言ってるやんけ」と思うかもしれませんが、僕はたまたま人間関係に疲弊しやすいタイプなのでそんな話をしているだけです。

 

ところで、大学院で修士課程をやっている人の中には、「研究は好きだけど自分は優秀じゃないから博士課程は無理だ」と言って卒業していく方が割といます。

 でも修士課程の段階で自分のポテンシャルを見限るというのは早すぎる気がしなくもないんですよね。きっと疲れて本気が出せなくなっただけですよ。

 

そういう場合はそこそこホワイトな環境に行って精神を回復させましょう。また2年くらい経てば、やりたいことに向かっていく元気も出てくると思いますから。それが研究じゃなかったならそんときゃそんときで。

 

おわり

高校生の頃聴いてたメタル系の曲

高校生の頃っていうか今も聴いてるんですが、メタルの曲が好きです。

ちなみにこのジャンルをヘビメタって言うと一部の人に色々言われます。

 

というわけで、今回は好きなバンドのうちメタル系をいくつかピックアップします。

 

Metallica

www.youtube.com

 

この曲 Creeping Death は僕がメタルにはまるキッカケになった曲ですね。アメリカのメタルバンド Metallica です。音楽に詳しい人はメタル好きじゃなくても知ってるくらいには有名どころ。

 

曲の入りとそこからリフに突入していくのを初めて聴いたときは衝撃を受けましたね。当時はメタルを全く聴いていなかったので、とにかく何もかもが新しかったです。

 

Angra

www.youtube.com

 

ブラジルのメタルバンド Angra です。スピードメタル系ですね。

この曲 nova era のアルバムからボーカルが変わっていますが、この時期のボーカル(エドゥ・ファラスキ)が一番好きでした。

 

日本のバンドだとあまりないですが、このジャンルはボーカルであってもバンドメンバーの変更は割とあります。

 

Children of Bodom

www.youtube.com

 

フィンランドメロディック・デスメタルバンドです。チルボドって略されることもありますね。

 

北欧系のメタル曲らしくキーボード音の取り入れ方に特徴があると思います。

ボーカルがリードギタリストとしてギターソロも弾いているのですが、フレーズが結構僕好みですね。昔はライブではあんまり弾けてなかった気がするけど今はどうなんでしょう。

 

Galneryus

www.youtube.com

 

日本のバンドも一つくらい入れます。

国内のバンドでこういうスタイルの曲でそこそこ売れたのは Galneryus くらいじゃなかろうか…僕が知らないだけなら教えてください。

高2の夏頃に激ハマりして一時期このバンドの曲しか聴いてませんでした。

 

ちなみにこのバンドも途中でボーカルが変わってますが、その辺から作風も変わってます。どっちも好きですね。

 

まとめ

中二病丸出しの選曲でしたね。

続編あります。

 

おわり

 

最近聴いているロック系のバンドとかギタリスト

こんにちわスキヤピです。

 

最近音楽を聴く時間が割と多いです。特にトレーニング中や移動時間などが発生するとよく聴いています。

ロック系を聴いてテンション上げることが多いのでその辺を中心に好きなものをシェアしていけたらなと思います。

 

Sergry Golovin

www.youtube.com

 

今よく聴いているギタリストです。

ギタリスト単体で聴くことは最近は減っていたんですが、この人はグッと来ましたね。

 

テクニカルではあるものの、その辺の速弾きピロピロ系と違って、曲の構成とメロディが素晴らしくフレーズに合わせた音作りも最高です。

 

インスト系なので、ゲーム楽曲が好きな人も聴きやすいかも。

 

Beartooth

www.youtube.com

 

メタルコア、ハードコアなバンドです。王道を征くタイプかも。

シャウトパートがあるので苦手な人もいるかもしれません。

 

サビのキャッチーさが良いと思ってます。

 

H.E.A.T

www.youtube.com

 

スウェーデンのハードロックバンドです。

 

北欧メタルの流れを汲んだ楽曲構成ですが、ボーカルのスタイルなどはアメリカンロックっぽさも感じさせる作風。

音作りの現代っぽさも上手く噛み合わさり好きになりました。

 

最近ベスト盤が出たそう。

 

ベスト・アルバム

ベスト・アルバム

 

 

Breaking Benjamin

www.youtube.com

 

このバンドはもうダークな雰囲気と悲しげなメロディのギャップですよ。

 

これら以外で好きなバンドとか

多いのでまた分けて書きます

 

 

おわり

炊飯器を実家に送った。あと物を売る難しさとか。

実家の炊飯器が古くて買い替えたいと母親が言ってきたので、新しいのを選定する機会がありました。

自分自身で炊飯器を買ったのは大学生のときにリサイクルショップで適当なのを選んだときくらいだったので、一から調べて買うことにしました。

 

選定の基準としては

・炊飯量(何合か)

・加熱方法(IHとかマイコンとか)

・炊飯方式(圧力炊きとかスチームとか)

・内窯の重さ

・内窯の寿命

って感じでした。

 

色々ニーズを聞いた結果、

・5合炊きで

・IHで今までやってたし不満なし

・圧力炊きが試したい

・内窯の重さは気にしない

・内窯はコートの寿命を長く

という感じだったので、その基準で選定しました。

割と気に入ってもらえてるっぽい。

 

 

今回炊飯器という全然詳しくないものを一から調べつつ色々聞いて選んだんだけど、普通は大学生の頃の僕のように、なんとなくノリで選ぶんでは?と思いました。

 

そう考えると「良いものを作るだけでは売れない」はしっくり来ます。たとえ性能の良い商品を作っても、ユーザー側は何が良いのか調べるコスト(手間)を払いたくないでしょうから。

メーカーの開発者の僕としては、頭使わなくても良さが分かる商品紹介をやっていきたいですね。

 

よく言われることを再確認した話でした。

 

おわり